保証・アフターサポート

大切なお住まいだからこそ、万が一にも備えておきたい。
定期的なメンテナンスで素敵な家をいつまでも。

メインイメージ

1.品質保証

■瑕疵担保責任保険「JIOわが家の保険」

新築住宅は、住宅の構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分において、10年間の保証があります。また、「住宅瑕疵担保履行法」という法律で、住宅事業者は保険への加入や保証金を預けておくことで、万が一フルキスペースデザインが倒産した場合でも瑕疵(欠陥)を直すための費用を確保することが義務付けられています。これにより安心して新築住宅に住むことができます。

フルキスペースデザインが住宅瑕疵担保責任保険に基づき補修を行います。
JIOに補修費用の一定割合を保険金として請求します。(図1)
JIOが現場検査を実施し、基準に照らして合格したものは保証対象としてJIOに登録することができます。保証住宅として登録された住宅は、引渡し10年以内に基本性能に関する重要部分に瑕疵が発生した場合、その修理費用は一定割合保証されます。(図2)

瑕疵担保責任保険「JIOわが家の保険」図1

■完成保証制度

住宅の建設中、万が一フルキスペースデザインに不測の事態が発生し、工事の完成が不可能となった場合でもJIOが建築請負契約を代行履行して完成させます。

完成保証制度

■地盤保証システム

地盤保証システム

フルキスペースデザインの地盤保証システムは、建築基準法に準じた地盤調査の結果を、適切な基礎仕様をご提案すると共に、 不同沈下に対する責任を保証します。

2.検査システム

■公的検査(行政または指定確認検査機関による検査)
完了検査=設計図面のとおりに法令基準が満たされた建物に仕上がっているのかの検査です。

■第三者保証期間による検査(日本住宅保証検査機構による検査)
配筋検査=基礎の配筋工事完了後コンクリートを打つ前に、設計図面どおりの配筋や組み方に問題がないかの確認をします。
躯体検査=上棟後、柱や梁などの構造部材や接合金物検査が正しく施工されているか確認を行います。

■自主検査(公的検査の同項目を確認するほか、その他項目を検査します)
社内検査=図面との整合性や、傷・汚れのチェック、使い勝手や安全上問題が無いかなどのチェックを行います。
施主検査=竣工後にお客様の目で仕上がりを確認し、検査していただきます。

3.アフターサポート

■アフターメンテナンス(家を維持管理し、長持ちさせ、資産価値を高めます)
生活していると些細な不具合が生じてきます。フルキスペースデザインでは完成から一年後にお客様のお住まいのチェックをおこないます。それ以降はお客様のご依頼があった際に随時、適切なアドバイスや提案などを行うのが「アフターメンテナンス」です。きちんとしたアフターメンテナンスを受けている家は、早めに不具合を見つけることができ、メンテナンスが必要となった場合も修繕費用が大幅に節約が可能です。

■24時間サポート
地震、台風、大雨、雷、猛暑など、さまざまな災害に見舞われる日本の家。窓が壊れたなど災害によるものから、トイレがつまったなど日常的なものまで、どうしても不具合は生じてしまう場合があります。お客様から連絡を受け、お客様担当が詳しい内容をお聴きし、適切な準備を行い、迅速に対応しています。

Residence+の
賃貸併用住宅

  • デザインの重要性
  • Residence+の8つのサポート
  • 安心価格の理由
  • 保証・アフターサポート