ARCADIA AP

変形地を生かした正面性をもたない集合住宅。

最大限のヴォリュームを確保しながら、
変形地の空白部分を
各住戸と共用の庭とすることで
ゆとりある平面計画となっており
各住戸は様々な方角に振られ
住戸ごとに様々なシーンが形成される。

さまざまな角度から
外観を確認できる立地であるため、
すべての面において違った表情を
作り上げることを意識した
計画となっている

DATA
建築面積
:628.29㎡(190.06坪)
延床面積
:983.54㎡(297.52坪)
建築場所
:神奈川県大和市
構造
:RC造
規模
:3階建て
竣工
:2004年3月

賃貸併用住宅をご検討されている方へ

賃貸併用住宅に適した不動産の診断から、土地の最大限に有効活用した設計のご提案まで無料にて相談を承ります。詳しくは、無料相談フォームよりお問い合わせください。