賃貸併用住宅ができるまで

完成までのプロセスは家づくりの醍醐味です

メインイメージ

まずは、

家づくりを考える際、 “気軽に相談”そこからすべてが始まります。
「好きな感覚が近いかもしれない」その直感は大切です。
フルキスペースデザインのサイトや情報を見て、少しでも気になるポイントがありましたら、お気軽にご連絡ください。

Step1
ヒヤリング
(設計・資金について)

家づくりの輪郭を描くために、イメージやお互いの感覚などのキャッチボール、賃貸住宅・賃貸併用住宅の姿を掘り下げます。言葉にできない感覚も、お客さまの世界観に触れることで、形になっていきますので、一緒に楽しみながら丁寧に対話する時間です。
「資金計画」「融資」「収支計算」も、ご相談承ります。

Step2
土地の調査

土地の形や状況、近隣環境などを現地確認。また役所で法的規制をチェックします。設計事務所の目線で、お客さまのヒヤリング内容と土地条件を併せ見ます。

Step3
設計プラン+お見積もり

ご要望や条件に添いながら設計したフルキスペースデザインならではのプランをご提案いたします。図面を前にすると、テンションがあがってくるのを体感されることでしょう。賃貸併用住宅づくりに関わる費用のお見積もり・収支計算もここで提示いたします。

☆契約費、工事費などのお支払内容(金額、支払期日など)は、ご契約者様のプランに合わせて、随時ご説明させていただきますのでご安心ください。同時にローンの事前審査を実施します。金利・融資金額を確定し、収支計算を実施します。

Step4
設計契約

GOサインであれば、ここからが本設計のスタート。
賃貸併用住宅づくりのパートナーとして、設計請負契約を結びます。
★この時点で、設計契約金25万円(税込)を頂戴します。
(これは本体工事費に充当されます)

Step5
地盤調査

着工前の、土地に関して地盤や行政調査の最終確認です。
地盤が弱い場合は、補強のための地盤改良工事が必要になります。

Step6
図面・仕様・
デザインなど詳細決定

外観デザイン、間取り、壁や床などの内部仕上げ、コンセントに至る細部まで決めていきます。イメージがリアルになっていき、ますますテンションが高まることでしょう。「インテリア」や「セキュリティ」についてもご相談承ります。打合せにより増減した金額を随時確認、調整したうえでお見積もりを提出し、承認をいただきます。

Step7
完成予定図面の確認

重ねてきた打合せの内容を網羅した完成予定図面を確認します。

Step8
工事契約

フルキスペースデザインとの工事請負契約になります。
★着工時から完成までに、建築費用を3回に分けてお支払いいただきます。
(お客様のご要望に応じて、お支払い条件の変更が可能です。)

Step9
工事

木造で4〜5カ月、鉄筋コンクリート造で9〜10カ月でが目安です。工事期間中、地鎮祭や上棟式が行われ、家づくりの実感を味わっていただけるでしょう。ケースにより、解体工事、地盤改良などが生じる場合もあります。

Step10
各種検査

配筋、構造体などの基礎検査から、行政が行う中間、完了検査、設計事務所検査、施主検査と、それぞれの検査を通して、不備がないかを確認します。

Step11
お引渡し

「理想の賃貸併用住宅」が現実のかたちとなって、お客様の手に渡るときです。美しさと実益を兼ね備えた賃貸併用住宅の記念すべき1ページ目です。

Step12
アフターメンテナンス

フルキスペースデザインの保証に加え、各種保証機関(JIOなど)の10年保証、24時間緊急サポートなどの保証が付きます。お引渡し後も、責任をもって長いお付き合いをさせていただきます。日々の中で、住まいに関してお困りのことや、新たな計画が出てきたら、随時ご連絡ください。フルキスペースデザインの担当者が対応いたします。

無料 設計契約金約25万円 着工金工事代金の40% 中間金工事代金の30% 残高清算工事代金の30%
パートナー選び 契約後打合せ期間 工事期間 お引渡し

賃貸併用住宅の
経営と運用

  • 賃貸併用住宅ができるまで